資産運用のポイント 〜 始めるためにまずやること

資産運用のポイント 〜 始めるためにまずやること

前回は資産運用のために重要な「心構え」の話をさせていただきました。

今回も資産運用を始めるうえでやらなければならないことを紹介させていただきます。それは「銀行預金をやめること」です。

もちろん全てを資産運用に回してしまえばいざという時に支払うお金が無くなってしまうので生活防衛資金(いざという時に収入がなくなってもしばらく生きていけるだけのお金)は預金しておきましょう。

30歳前後の独身の方なら100~200万、40歳前後の方なら年収の4~5割程度の預金があれば大丈夫だと思います。

少し話は変わりますが、皆さんはニュースや新聞で
「日本政府の国債の発行高が〇〇兆円になりました」という話を聞いたことがあるでしょうか。

国債発行とは国が借金をすることと思って下さい。
その借金をするために発行する債券のことを国債と言います。
要するに借用書のようなものですね。
国の収入よりも支出が多い場合はその差を穴埋めしなくてはなりません。
そのために政府は国債を発行して必要な資金を調達するということです。

しかし今の日本のように「毎年足りない分のお金は国債を発行して
調達すればいいや」というような考え方は非常に危険です。

この考え方が続くともしかしたら皆さんの銀行預金にあるお金がただの紙切れになってしまうかもしれないのです・・・。

次回ももう少し国債に関してお話できればと思います。

ご質問、コメント等については「お問い合わせ」ページからお願いします。
※ 個別相談もいたしますのでお気軽にご連絡ください。