なぜ資産運用が必要か 〜 日本という国の現状を知ろう!

なぜ資産運用が必要か 〜 日本という国の現状を知ろう!

前回の記事でお金に対する「知識・考え方・スキル」を養えば
資産を増やすことが可能であるとお話しさせていただきました。
今回はもう少し「なぜ資産運用が必要なのか」を考えたいと思います。

皆さんは日本人の平均寿命をご存じでしょうか。
2018年時点で男性81.25歳、女性87.32歳と言われています。
働いているうちは給料も毎月入るので生活に困らないと思われますが、
定年後はどうでしょうか。

仮に定年を60歳とすると、少なくとも約20年は老後の生活があることになります。
総務省が発表したデータによると、夫婦2人で生活するための必要資金は
約27万円、ゆとりある生活のためには月約38万円必要という試算が出ています。

つまりゆとりあるセカンドライフのためには、「38万×12か月=456万(1年間)」、「456万×20年間=9120万(20年間)」となり、約1億円近い生活資金が必要になるといえます。

皆さんが今年30歳として、60歳を迎えるまでに1億円貯めようとすると
年間「333万」の預金を30年間続けなければなりません。
半分の5000万円と考えても年間「167万」の貯蓄が必要になります。

現実的なものに感じるでしょうか。
老後の生活にゆとりを持って過ごそうと思えばこれが現実です。
昔は銀行預金においておけば金利で資金が増えたり、
長く働いていれば年功序列で給料がどんどん上がっていったり、
年金も期待できたかもしれませんが、今はどうでしょうか。

国に頼らない資産形成の必要があることがおわかりいただけたかと思います。
次回は具体的にどのような行動をとればいいのかをご紹介したいと思います。